Japanese

製品ドキュメントを選択してください:

Focus Tunerがどのように働くかについて突き止めるために、ここをクリックしてください。 

チューナデータシートの選択


フォーカスマイクロウェーブスは周波数30MHzから110GHzまでのロードプルと雑音指数測定セットアップの統合と活用のために必要なすべてのコンポーネンツを製造し提供します。

これはオンウェハチップテストとテスト冶具でのパッケージデバイスを含みます。

 

2003年以降、フォーカスは革命的なiTuner技術をすべてのチューナで採用され提供します。

そのほかに、基本波と高調波チューナ、マニュアルプローブステーション、第三者のプローブステーションとの統合のための大型チューナ対応3軸プローブポジショナー、低ロスベンドライン、高出力用バイアスティと18GHzまでのトランジスタ用テスト冶具を製造し提供します。

ネットワークアナライザ用の校正のために、我々は一般的なコネクタタイプで30MHzから65GHzまでをカバーしたTRL校正キットのファミリーを提供します。

テストシステムは校正、測定とグラフィックソフトウェアのすべての組み合わせによって活用されます。

そしてそれはまた、ADS® MW-Office® へのエクスポート可能なデータを生成します。

ActiveXライブラリによって、ユーザーがすべての一般のプログラミング言語(例えばLabView®, Vee®, Visual Basic, C, C++, その他)で彼ら自身のテストソフトウェアを開発することができます。